塗装会社とトラブルが起きないように契約前に確認する事を紹介しています!

管理人の私が見つけた! 良い塗装業者を簡単に探して、塗装工事の金額も安くなる便利サイトはこちらのページ 外壁塗装見積り比較専門サイトの口コミ情報

塗装会社とのトラブルについて

外壁塗装、屋根塗装をする塗装会社とのトラブルは、当たり前ですが契約後に起こります。塗装会社とのトラブルに関して感じる事は、悪徳業者や手抜き工事をする塗装会社に塗装工事を依頼した場合が多いです。外壁塗装、屋根塗装を考えている場合には、塗装工事の金額の安さを追求せずに、信頼のおける塗装会社を探し塗装工事の金額も適正価格で良い塗装工事することが大切だと思います。
代表的な塗装会社とのトラブルは以下になります。


外壁塗装、屋根塗装の見積書と請求金額が違う!

見積書と最終的な請求額が違う場合の多くは、追加塗装、追加工事によるものです。何故?追加塗装や追加工事が発生して請求額が上がってしまうかというと、見積書や契約書で含まれるものと含まれないものがあるからです。
対策としては、見積書の内容をしっかりと把握する事と見積書の確認時に「追加工事で金額変更は無いか」を必ず確認しましょう。

※外壁塗装、屋根塗装の場合には、現地調査で見積書を作成する訳ですが、この段階で「実際に塗装工事をしてみないと追加工事が出るか出ないか分からない」と言うことは、ほとんどありませんので、追加塗装、追加工事で金額変更を確認した時に曖昧な返答をする塗装会社とは契約をしないようにしましょう!


外壁塗装、屋根塗装が2年、3年で剥がれてしまう。

手抜き工事や外壁塗装を安すぎる価格でした場合には、塗料の質の悪さや3回塗りを2回塗り、塗料の希釈率を上げ(薄める)て塗装工事されてしまい実際の耐用年数を大幅に下回る結果になる。
対策としては、手抜きを防ぐ方法は限りなく少ないので、外壁塗装の塗装工事価格で安さばかりを追及せずに、信頼のおける塗装会社を探す。


外壁塗装、屋根塗装の塗装工事後に不具合がある。

塗装工事後に、塗り残しや上記のように2年、3年後に塗料が剥がれたりした時に保証しない塗装会社がいます。
保証しない会社の特徴は、連絡したが対応しない。連絡がつかない。保証の契約が無いので有料になる。などになります。

対策としては、契約書に塗料や施工に関しての保証書があるか、また何年の保証が付いているかを確認する。その塗装会社の過去実績を事前に調べることも大切です。


塗装会社とのトラブルエントリー一覧