外壁塗装で手抜き工事をされない為に手抜き工事をチェックしましょう!

管理人の私が見つけた! 良い塗装業者を簡単に探して、塗装工事の金額も安くなる便利サイトはこちらのページ 外壁塗装見積り比較専門サイトの口コミ情報

外壁塗装の手抜き工事をされる前に!

実際に外壁塗装の手抜き工事を全て見抜く方法は存在しません。全ての作業工程での施工前と施工後の写真を提出して貰えば手抜き工事を防げるかというと、答えはNOです!写真を撮る部分だけ通常の作業工程をして、残りを手抜きすれば良いんですから写真に撮っても提出してもらっても手抜きをヤルつもりならいくらでも出来るということです。

 

ですので、実際には実績のある優良な外壁塗装の塗装会社に塗装工事を依頼することが大切になります。

 

手抜き工事をされる前に、手抜き工事をする会社に塗装工事を依頼しないようにすることが先決ですので、そこから説明をさせていただきます。

 

訪問営業してくる塗装会社。

モニター・キャンペーン・近所を施工中など全てに対して警戒する。
訪問営業の全てがダメでは無いが基本的にはアウトと思って下さい。

 

外壁塗装の金額が安すぎる。

広告などでパック料金など、考えられない金額を掲示しているものには警戒する。
「良いものを安く」は理想ですが、外壁塗装に関しては、これを望むと悪徳業者に捕まる可能性が高くなります。

 

上記の2点を踏まえて塗装会社を探せば、手抜き工事や悪徳業者に捕まる可能性は格段に下がります。


外壁塗装の手抜き工事をチェック!

外壁塗装の手抜き工事の代表的なものを紹介します。
高圧洗浄を手抜きする。

下地処理をしない。

塗料の希釈率を規定より上げる(薄める)。

塗料の乾燥時間を待たない。

サビ止めを塗らない。

塗料を薄く塗る

 

悪徳業者の手口(手抜き工事)
見積書に記載している塗料を使わない。

見積書に記載している塗装回数を塗らない。

追加工事を発生させる。

外壁塗装の手抜き工事をチェックエントリー一覧