火災保険の節約方法 について紹介しています。

管理人の私が見つけた! 良い塗装業者を簡単に探して、塗装工事の金額も安くなる便利サイトはこちらのページ 外壁塗装見積り比較専門サイトの口コミ情報

火災保険の節約方法

住宅を建てる時に加入する火災保険は、建物が火災が起きにくい構造である場合に節約できる場合があります。

 

例えば、同じ鉄筋コンクリート構造の住宅でも、外壁材が耐火性に優れ、火災が起きても燃えにくい性質を持っている場合、耐火構造のある外壁を使用していない住宅と比較した場合に保険料が2?3万円ほども違ってくることがあります。

 

また、木造の住宅であっても、外壁に耐火性の高いものを使用した場合に、15%の割引を受けられる保険もあります。

 

近年、住宅の外壁材に耐火性の高いものを使用するのは常識になっています。

 

外壁材を使用することに加え、塗料にも不燃性の防火塗料を含めれば、住宅の防火能力が格段に上がります。

 

火災保険の節約方法には、他にも一括支払いをすることで割引を受けられる方法があります。

 

毎年支払っていくよりも、30年分を一括で支払ってしまうと、全体から約3割を引いてくれることもあります。

 

また、火災保険の特約の中で、自宅の地域は水害に遭う可能性が非常に低いという場合、台風や豪雨などによる水害の補償を付けないという選択をすることで、保険費用を下げる事もできます。

 

例えば、住宅街に立地していて、まわりに大きな川や海がないという場合、水害を受ける可能性は低くなります。

 

不必要な補償を取り除くことによって、本当に必要な時に役立つ保険にしておくことが大切です。

 

また、火災保険だけではまかなえない地震による被害については、地震保険に加入する必要がありますが、地震保険は国の控除を受けられますので、ぜひ活用したいものです。